50年固定の住宅ローン

日経新聞に、20代限定で51年固定の住宅ローンが 新潟の塩沢信用金庫から発売になる予定という記事が載っていました。


若年層の定住を促し、地元企業にも仕事を生みだすのが狙いだとか。


住宅ローンの返済期間は、最長で35年というのが一般的。

例外的に「フラット50」という、長期優良住宅を融資対象とする最長50年の住宅ローンがあります。
http://www.flat35.com/loan/flat50/index.html


「フラット35」と同じく、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して実現した長期固定の住宅ローンです。


「フラット50」を申し込めるのは、申込時点の年齢が満44歳未満の人。

さらに、借入額も100万円以上6,000万円以下で、建設費または購入価額の60%以内と住宅ローンとしては、ハードルがやや高め。

「ラット35」と併せて利用ができますが、別々の契約になるので、費用が余分にかかるのは要注意。

それでも、「フラット50」が「フラット35」と異なり、メリットになるかもしれない点が、「フラット50」はローン付きで売却できること。

将来金利が上昇した時点で、低金利のローンが付いたままの家が売りに出ていたら・・・これからローンを組んで買う人にとっては、ちょっと嬉しいかもしれません。


2017年1月現在「フラット35」(融資期間21年以上35年以下、融資率9割以下)の金利水準が1.120%なのに対し、「フラット50」は、1.580%(融資率9割以下)。

2500万円を期間50年で借りると、総返済額は約3600万円。


上手に利用すれば、もしかしたらメリットはあるのかもしれませんが、それにしても50年とか51年は長すぎるかもしれませんね。


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する