セルフメディケーション税制ってなに?

2017年1月から、従来の医療費控除制度の特例として、新たに「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」という制度がはじまります。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

医療費控除は、通院などで支払った医療費、治療のために薬局で買った薬などの金額の合計額が年間で10万円を超えたとき(またはその年の総所得金額等が200万円未満のときは、その総所得金額等の5%の金額を超えたとき)に受けることができる所得控除の1つです。


一方、新しい「セルフメディケーション税制」は、自己負担した医療費が10万円を超えていなくても、その年に健康診査や予防接種などを受けた人が、薬局などで対象のOTC医薬品(←薬局やドラッグストアなどで市販されている医薬品のこと)を年間12,000円を超えて購入したときに受けることができる所得控除です。

医療費控除とセルフメディケーション税制は同時に利用することはできないので、確定申告のときにお得な方を自分で選択することになっています。


普段、健康で病院にはあまり行かないという人は、医療費が年間10万円を超えることはなかなかありませんね。


つまり、普段あまり病院に行かず医療費控除を受ける機会が少なく、薬局なので薬を買って自分で治しちゃっているという人も所得控除を受けられるようにした制度です。


来年からは、鎮痛剤を買った、水虫薬を買った・・・なんてときの領収書は、ちゃんと取っておきましょうね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する