結局どうなるの?配偶者控除

配偶者控除は、妻(配偶者)の給与収入が103万円以下であれば、夫の所得から38万円を差し引いて税負担を軽減する仕組みです。

また、妻(配偶者)にとっては「税法上は所得がない」人になるので、所得税がかからず、夫の勤務先から配偶者手当を受けることもできます。


この配偶者控除、廃止が検討されていたはずがいつの間にか廃止ではなく「見直しましょう」と方向転換。

結局、どうなったのかというと、減税になる妻(配偶者)の年収要件を現行の「103万円以下」から「150万円以下」に引き上げ、150万円を超えても「201万円以下」までは控除の一部を受けられる仕組みが導入されることになりました。


一方、税収減を避けるため、夫(世帯主)の年収が1220万円を超える世帯を控除の対象から外します。


配偶者控除が創設されたのは、昭和36年なんだとか。

納税者(夫)の所得への妻の貢献(いわゆる内助の功)を税制上評価するといった趣旨で導入されました。

それから50年以上が過ぎ、夫婦で働くことも珍しくない時代です。

働く女性も専業主婦も、社会で果たす役割は同じです。

働く女性と専業主婦との対立軸を作るような税制は、もう時代遅れじゃないかしらね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する