NISA制度の効果検証結果 公表

NISAがスタートして2年が経過しようとしています。

金融庁では、NISAの利用状況や販売されている商品内容、販売体制など、制度の効果検証を実施して結果を公表しています。
http://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20161021-1.html

報告書の中身には、

「平成28年6月末時点でのNISA口座数は1030万、累計買付金額は8.4兆円であり、制度の開始以来、順調に推移」

「口座開設者に占める50歳代以下の割合は、依然として半数に満たないものの、徐々に増加してきている」

「NISA口座の稼働率は、平成27年12月末時点で46.5%と、平成26年12月末から1ポイント上昇しているが、依然として非稼働口座が過半数」

「NISA口座開設者の約3割は投資未経験者であり、NISAの導入によって、投資未経験者への投資の裾野拡大の効果が相当程度あったと見られるとともに、その効果は若い世代ほど大きかった」

「平成26年勘定での保有に係る金融商品については、NISA利用者の60%以上が、利益が出た又は出ている」

「NISA口座の投資信託の保有意向期間を「5年以上」とする者の割合は、証券口座一般より低い」


といった感じです。

せっかく効果検証したのですから、使い勝手の悪さを早めに改正したほうがいいですね

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する