マンションの建て替え

中古マンションを購入し、内装を一新するリノベーションに注目が集まっているようです。

ただ、建築してから年数がかなりたったマンションの場合、建て替えという問題がつきまといます。


とはいえ、マンションなどの集合住宅の建て替えには、高いハードルを乗り越える必要があり、そう簡単な問題ではなさそうです。

 
そもそも建て替えをするためには、建て替え決議で、区分所有者及び議決権(管理組合の議決権)の4/5以上が賛成することが条件になります。

国土交通省が発表したマンションの「建て替えの実施状況(平成28年4月1日現在)」によると、工事完了したマンションが227件、建て替え準備中と実施中のマンションが17件と、623万戸を超えるマンションストックからみると建て替えはごく少数派です。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk5_000058.html


マンションは、新築で購入した当時は、住民同士の生活環境も似ていることが多いのですが、年数を経るにつれて、住み続けている人と途中から住み始めた人が交じり始めて、建て替えに関する考え方もバラバラになります。

 
全戸数の2割は、新耐震基準以前に建てられたマンションともいわれます。

命とお金ににかかわるだけに、マンションの建て替えは切実な問題ですね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する