150万円の壁作ります?

配偶者控除が適用される給与収入の上限に関して、現在の103万円以下から150万円まで引き上げる案が有力になってきました。

検討案は、年収が150万円以下の配偶者には、現行の通り所得控除額38万円を適用。

150万円を超えたら徐々に控除額を縮小します。


130万円という案もあるそうですから、これから調整されるのでしょう。


ただ、103万円以内で調整してきた人が年収を増やした場合、新たに所得税がかかったり夫の家族手当がなくなる可能性があり、「103万円の壁」は完全にはなくなりません。


社会保険料の負担が増えるため、就労を調整する130万円の壁は依然存在します。


壁をいくつも作るだけでは、女は家のことをして、ほどほどに働けばいいからという本音が透けてみえちゃいますね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する