働けない期間に備える保険

予期せぬ病気やケガで、治療が長引き、給与が途絶えてしまったら・・・

そんなリスクをカバーするための保険が広がっています。

病気やケガで働くことが困難になった場合、多くの会社員の場合、所定の条件を満たせば、健康保険から最長1年6か月の期間まで「傷病手当金」が支給されます。

それ以降は、法律が定める障害状態に該当すれば、「障害年金」が受け取れます。


支給される金額は「傷病手当金」が、だいたい月収の2/3,「障害年金」が1/3くらいです。


全国健康保険協会(協会けんぽ)が公表している平成27年度「現金給付受給者調査報告」によると、傷病別の支給状況で総数に対して割合が高い疾患は、「精神及び行動の障害」が全体の27.51%で一位。

「新生物」が19.85%、「筋骨格系及び結合組織の疾患」が10.86%、「循環器系の疾患」が10.80%と続きます。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g7/cat740/sb7200/sbb7206/280921


3割近い精神障害は、まだ多くの保険で支払の対象になっていません。

2位の「新生物(がん)」に対しては、がん保険で病気の治療に専念することもできます。

それでも、どうしても不安という場合は、長期間の就労不能の収入減を「就業不能保険」でカバーすることになります。

なるべく、預貯金を増やすというのも選択肢になりますね。









このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する