地方再生でも、1都3県への転入超過

帝国データバンクが、1都3県・本社移転企業調査(2016年1月~9月)の結果を公表しています。
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p161005.html


2016年1月から9月までに、他の道府県から1都3県へ転入した企業は225件。


一方、1都3県から他の道府県に転出した企業は164件。


これで、6年連続で転入が転出を上回り、東京圏に企業が本社を移す転入超過傾向が続いています。



政府が地方再生をかかげ、東京都から地方へ本社を移転する企業への法人税減税を実施するなどしていますが、効果はあまりでていない様子。


中央省庁移転も、ほとんど掛け声だけで終わりそうですし、人口が多いほうがビジネスチャンスは大きいと考えるのを止めることはできませんね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する