一年の途中で転職した人や退職した人の年末調整

年末調整は、一年間の所得に基づいて支払う所得税の金額を、年末になって過不足を調整することです。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2674.htm


一年の途中で転職をした人や退職した人の場合には、退職前の会社と再就職した会社双方の給料に基づいて、所得税を清算する必要があります。

そのためには、新しい勤務先と転職前の勤務先の両方の所得の証明が必要になります。

新しい勤務先で年末調整をする際には、転職前の勤務先の「給与所得の源泉徴収票」を一緒に提出しましょう。


年の途中で退職して、再就職先がまだ決まっていない人は、自分で確定申告をすることになります。


退職してから再就職をするまでの期間があったという人は、、国民年金や国民健康保険に加入していたと思います。


年末調整を行なう際には、社会保険料として所得税の控除を受けることができますから、求職中に国民年金や国民健康保険の保険料を払っていたのであれば、その証明書も必ず提出するようにしましょうね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する