不妊治療費を保障する保険

晩婚化や出産年齢の上昇などを背景に、不妊治療に対する需要や関心が高まっています。

人工的な方法は、公的料保険の対象外となるため、1回で30~50万円の費用がかかるといわれます。

国からの助成金もありますが、所得制限が妻の年齢要件などもあり、誰でももらえるというわけではありません。

こうした、高額な不妊治療費を保障する保険が売り出されました。
https://www.nissay.co.jp/kojin/shohin/seiho/shussan/

今年の4月に、金融庁が不妊治療保険の販売を解禁したことを受けて販売が始まりました。

がん・急性心筋梗塞・脳卒中と死亡の保障と、不妊治療への保障がセットになった保険で、卵子を取り出す「採卵」や、受精卵を子宮に戻す「胚(はい)移植」の治療を受けた場合、6回目までは5万円を、7回目から12回目までは10万円を受け取れるというものです。

無事、出産にこぎつけると出産給付金も受け取れます。

保険料は月1万円ほど。


16歳から40歳までの女性が契約でき、満50歳まで保障を受けられます。

不妊の理由が男性側にある場合も保障されますが、契約から2年間は支払いを受けることができない、卵子の凍結保存のみを目的とした採卵は対象外、などの制限もあります。


細かい決まりがあるので、加入するなら十分内容を吟味する必要はありますね。




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する