平均給与は420万円(平成27年分民間給与実態統計調査より)

国税庁では、毎年「民間給与実態統計」を公表しています。
http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2016/minkan/index.htm

調査は、昭和24年分から始まり、以後毎年実施しています。


従事員1人の事業所から従事員5,000人以上の事業所まで広く調査していること。

性別、年齢階層別、勤続年数別による給与所得者の分布がわかるだけでなく、企業規模別の給与の実態が分かるなど、他の調査にはない特徴があります。


平成27年分の調査では、給与所得者数は、47,940万人。

平均給与は、420万円でした。

男女別にみると、均給与は男性520万円、女性276万円。
(女性はパートも含めているせいか、平均がかなり低い!)


正規、非正規の平均給与についてみると、正規485万円、非正規171万円。前年に比べ、正規は1.5%の増加、非正規は0.5%の増加という結果です。
(非正規雇用で働くことが、不利だとわかりますね)


平均給与を業種別にみると、最も高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の715万円。

次いで「金融業,保険業」の639万円。

最も低いのは「宿泊業,飲食サービス業」の236万円という結果です。


ご自分の年収と比べてみたいかたは、詳細をどうぞご覧くださいね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する