長生きしてお得、トンチン年金

トンチン年金。

あまり聞きなれない年金ですんが、簡単に言うと長生きするほど年金がお得になる一方、先に亡くなってしまうと保障が薄いタイプの年金です。

17世紀にイタリアのロレンツォ・トンチという人が考えたとされ、それが名前の由来です。


一般に、民間の生命保険の個人年金は、少なくとも払った額くらいの死亡保険金がありますが、その死亡保険金を限りなくなくし、生存している人の年金に回るのがトンチン年金です。


掛け捨てが嫌いな日本人向けではないと思われてきたタイプの年金保険ですが、最近は長引く低金利と平均寿命の伸びから老後の生活資金に不安を持つ人も増え、人気商品となっている保険会社もあるようです。
https://www.nissay.co.jp/kojin/shohin/seiho/choju/



子供がいない夫婦や単身世帯も増えているので、死んで残すお金より長生きに備える保険が欲しいというニーズはありそうです。

「保険は、相互扶助」の考え方にも合ってるかもしれませんね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する