しわとり注射が1300万円!

「相談のつもりで訪れたクリニックでしつこく勧誘され、帰るために即日施術をしてしまった」「しわ伸ばしのためにクリニックに行ったら即日施術され、約1,300万円を請求された」「目の下のたるみを取る注射をしたが、5年間保証なのに全く効果がなく、対応もされない」


高齢女性からの、こんな相談が増えていると国民生活センターが注意を呼び掛けています。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160915_1.html


自由診療が中心である美容医療では、施術費用は個々のクリニックで自由に設定できます。

しかし、注射を数本打たれただけで1,000万円前後の請求を受けた、という深刻な高額請求トラブルが60歳以上の女性を中心に増えています。


60歳以上の女性の美容医療トラブルは、「高齢者をモデルにした新聞の折り込み広告で、高齢者のアンチエイジング美容医療を宣伝するクリニックを知った」 、といった折り込み広告がきっかけになる例が多いようです。



効果を強調するが、根拠は不明確。

即日施術を迫るケースも多く、料金体系が不透で、支払える金額によって料金が変わるという特徴もあります。

苦情が申し立てにくい、「異議申し立てしない」という誓約書に署名させられるケースも多いようです。

リスクなく簡単にきれいになれるとうたう広告は信用しないことが大切ですが、それにしても女心につけこんだ悪質な商法ですね


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する