失業手当の給付日数、上限引き上げへ?!

厚生労働省が、職探しを後押しするため自発的に離職した人への失業手当の給付日数(現在90~150日)の上限を、最低30日増やす方針というニュースがありました。


雇用保険の失業給付金は、原則退職した日の翌日から1年間の失業している期間、限度を設け支給されます。


この限度日数のことを所定給付日数といい、退職理由や、退職時の年齢、雇用保険の加入期間などによって異なります。


現在は、倒産や解雇などで離職した人の失業給付日数を増やす時限措置も取られています。
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_benefitdays.html


雇用保険は、過去に財政悪化のため給付額、給付日数ともに減らした経緯があります。

現在は、労使が積み上げた拠出金が6兆円を超え、使い道に困っている状態です。


手っ取り早く使い道を考えたら、こうなったというところかしらね


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する