保険会社から受け取る販売手数料開示へ!?

銀行に行ったら、一時払いの「外貨建て保険」や「変額保険」などを勧められた。

そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

銀行が店舗の窓口で生命保険会社の商品を販売する「銀行窓販」で、銀行が顧客のニーズよりも生命保険会社から得られる販売手数料の高さで商品を選び、顧客に勧めているのではないか、そんな指摘がされてきました。

(実際に、そうなんでしょうけど)

投資信託の売れ筋は金融機関が手数料を稼ぎやすい商品。

外貨建ての一時払い生命保険はそもそも手数料自体が不透明。

中には保険料のうち7%~10%もの手数料を受け取る商品も。

大手銀行は金融庁の指摘を受け、10月から一部の保険商品の販売手数料を開示する方向です。
http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/market_wg/siryou/20160706/02.pdf



銀行は、資産を預けた人の利益を守るために働く、っていう基本を思い出すきっかけになってくれればいいですね

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する