オリンピック財団を名乗る詐欺にご用心

消費者庁が、「オリンピック財団」と称して不当な金銭を請求する事業者を確認したと、これらの団体に注意するよう呼びかけています。
http://www.caa.go.jp/caution/property/


注意の内容は、8月以降、オリンピック財団を名乗る人物が「東京オリンピックの入場券を300万円でお申込みいただきましたね」と消費者宅のもとに電話で確認。


申し込んでいないことを伝えても、「犯罪グループのリストにあなたの個人情報が載っている」として、リストから個人情報を削除する名目で金銭を請求するケースが増えているというもの。


団体の名前は、日本オリンピック財団、オリンピック協会、日本オリンピック協会、日本スポーツ協会、日本スポーツセンターなどの名称を使用しています。


東京オリンピック・パラリンピック大会のチケットの販売は、まだされていません。


消費者庁では、「チケットの購入を勧める電話があった場合はすぐに切って絶対に応じないこと」。

「誰にも相談してはいけない」「家族にも話してはいけない」は詐欺の手口だと呼び掛けています。


実際に被害にあった方もいるようです。


これから、4年後の東京オリンピック・パラリンピック大会まで、要注意ですね





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する