解約制限付き 信託商品

三菱UFJ信託銀行が、解約制限のついた新しい信託商品「解約制限付信託(みらいのまもり)」の販売をスタートさせました。
http://www.tr.mufg.jp/shisan/mamori/index.html



厚生労働省の資料でも、症状や行動、意志疎通の困難さが多少見られても、誰かが注意すれば自立でして生活できる程度の知症高齢者の人数は、2025年に約470万人に達すると推計されています(平成24年度資料「認知症高齢者数について」より)。

また、将来は65歳以上の5人に1人が認知症を発症する可能性も指摘されています。


信託商品の中身をみると、使い道は「有料老人ホーム等施設の入居一時金」「10万円以上の医療費」以外では使用できず、老人ホームや医療機関への直接の振込に限定されています。


解約は、本人のみでは中途解約ができず、契約時に指定した「受益者代理人」と信託銀行側が解約理由を確認の上でなければできません。


信託金額は1000万円以上で、上限はありません。


高齢者が判断能力の低下で詐欺にあったり、高額で不要なものを次々買わされたりする被害の防止も期待できそうです。

でも、自分じゃ解約できなくて、使い道もごく限定されているんじゃ、まるで詐欺にあったみたいなもの?
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する