遺産相続手続き簡素化へ

法務省は、相続手続きを簡素化する「法定相続情報証明制度」(仮称)を来年度に新設すると発表しました。
http://www.moj.go.jp/index.html

新制度では、戸籍関係の情報が記載された証明書の交付をいったん法務局で受け付ければ、金融機関や行政機関の窓口に大量の戸籍関連の書類を提出しなくても、よくなります。



現在は、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本など大量の書類一式を集め、登記上や各金融機関の窓口ごとに求められる書類をそれぞれ提出する必要があります。

相続手続きの簡素化は、相続人や金融機関などの負担軽減をはかるだけでなく、相続結果の登記を促して所有者不明の不動産を解消する狙いがあります。


政府が6月に決定した「ニッポン1億総活躍プラン」にも盛り込まれていました。



法務省は、今後パブリックコメントを実施した上で登記に関する規則を改正し、来年5月の運用開始を目指す予定です。


どうして今までほっておいたんでしょうね(みんな、困っていたのに・・・)
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する