厚生年金の加入基準が変わる!

平成28年10月1日より短時間労働者(パート等)の厚生年金保険、健康保険の適用基準が改正され対象が拡大されます。
http://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2016/0516.html


拡大される背景には、これまで被用者保険の恩恵を受けられなかった非正規労働者に社会保険を適用し、セーフティネットを強化することで、社会保険における「格差」を是正する。

働かない方が有利になるような仕組みをなくし、特に女性の就業意欲を促進して、今後の人口減少社会に備える。

といったことがあるようです。

具体的には、
① 従業員501人以上の企業で週20時間以上働く人

② 月額賃金8.8万円以上(年収106万円以上)

③ 勤務期間1年以上
※学生は適用除外

になります。

現在、会社員や公務員の配偶者で年収130万円未満なら、自分で年金と健康保険などの社会保険料を支払わなくてすみます。

10月からは、条件を満たした人は、新たに負担が生じることになります。

目先の手取りが減るのは困る、という人も多そうですが、将来の年金が目減りすることが分かっているからこそ、年金を増やしておくことは大切になってくるんだろうと思います。

働けるなら、それが一番ですからね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する