マイナポータル、運用開始延期に

マイナンバー制度の個人向けサイト「マイナポータル」。

インターネット上で、自分の個人情報のやりとりの記録が確認できるサイトです。

ログインするには、マイナンバーカードのICチップに搭載された個人認証が必要になります。

平成29年1月から利用開始の予定でしたが、半年延期され平成29年7月からスタートになりました。


「マイナポータル」では、行政機関がマイナンバーの付いた自分の情報をいつ、どことやりとりしたのかを確認できます。
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/faq/faq6.html


また、行政機関が保有する自分に関する情報や行政機関から自分に対しての必要なお知らせ情報等を自宅のパソコン等から確認できるよう整備が進められています。


たとえば、各種社会保険料の支払金額や、確定申告等を行う際に参考となる情報が手に入れられる予定(個人情報が筒抜け!?)。

また、引越しなどの際の手続のワンストップ化や納税などの決済をキャッシュレスで電子的に行うサービスも検討されています。


政府は29年1月に国の機関同士の情報を連携させる計画でしたが、年金機構のセキュリティー強化に時間がかかることが判明。

その上、連携に関するシステムの開発にも遅れがでているという理由で、延期を決めたようです。


それにしても、これからはマイナンバーやパスワード等を入手しようとする迷惑メールがたくさん送れてきそうですね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する