悪質商法防止になる?!

「何年も前から何度も訪問して強引に商品を売りつける業者から、これまでに布団や乾燥マットなどを数百万円も購入させられた。もう買いたくない。」


「勧誘を受け、高額な化粧品や健康食品を購入した。しかし量が多くて使い切れず、預金残高もなくなった。」

高齢者をターゲットに、通常必要とされる量や回数を著しく超えて販売する悪質商法が後をたちません。
http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/old.html




先月、改正消費者契約法が成立し、2017年度中に施行されることになりました。

事業者側が過量と認識しながら、勧誘して結ばせた契約を、消費者が取り消せる規定が盛り込まれました。

同じく、改正特定商取引法も成立。

業務停止命令を受けた悪質業者の役員らが違反を繰り返さないよう、別の会社名で同種事業を展開するのを禁じる「業務停止命令」を新設しました。


改正は、あくまで悪質商法防止のため。

すべての消費者が弱者で正義、ってわけでもありませんからね




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する