職場のがん検診乳がんは3割

厚生労働省は、企業の健康保険組合が実施するがん検診の実態調査の結果を公表しました。


健康診断などの機会にがん検診を受診している従業員の割合は、胃がん、肺がん、大腸がんでは6~7割と高い一方、乳がんや子宮頸がんなどの女性の検診受診率は3割台にとどまるという結果です。


調査は昨年12月~今年1月、全国の1,406の健康保険組合にアンケートを送付、1,238の組合から回答を得ました。


胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮頸がん、前立腺がん、肝臓がん、甲状腺がんについて、検診の実施状況を調べたところ、受診率が一番高かったのが肺がんで約72%。


大腸がんは約61%、胃がん約57%、肝臓がん約50%に上り、国が目標とする5割を超えていました。
https://www.gankenshin50.go.jp/campaign_26/index.html


一方で乳がんは約35%、子宮頸がんは約32%。


がんというと死というイメージがあるため、健康だから自分には関係ないと考えて検診も先送りしがちです。


多くのがんは、進行していない初期の段階で発見し適切な治療を行うことで、非常に高い確率で治癒します。


おっくうがらずに検診は受けておきましょう
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する