NISA恒久化へ!?

ゴールデンウイークに入ったばかりの頃の日経新聞に、金融庁がNISAの恒久化の検討に入ったという記事が載っていました。

NISAとは、毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式投資信託・上場株式等の配当・譲渡益等が最長5年間非課税になる制度です。
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201306/3.html#anc01

1人につき1口座を開設することができます。


だたし、NISA口座を利用して投資を行える期間は、今のところ平成26年~平成35年までの10年間です。



記事では、「現在は2023年(平成35年)で制度が終わるが、24年(平成36年)以降も継続して利用できるようにする。」とあったので、多分10年間の限立法である制度自体を恒久法化するという意味のようです。



現在のNISAは、非課税期間が5年間と限られているせいで、非課税期間終了時に含み損を抱えているとかえって損をしてしまケースが出てきます。


5年間の非課税期間という縛りがあるせいで、5年後に利益が出ている商品を探さなくてはならず(それがわかれば苦労しないのですけど)、長期投資のようでそうとも言えない投資を続けなくてはいけないことになります。


どうせなら、5年間の非課税期間の方も恒久化してほしいなあと思うのですが




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する