電力自由化、実際に変更したのは4%?!

物価モニター調査とは、全国47都道府県の物価モニター2,000人が、価格の見取調査を行うことにより、生活関連物資等の価格(特売品等の廉売価格も含む。)の動向を把握するための調査です。


また、物価モニターに対し、物価動向についての意識等を調査し、その動向も把握しています。

実施しているのは「消費者庁」


先週「物価モニター調査」の4月分(速報)が発表になりました。


資料によると、平成28年4月から始まった電力小売全面自由化に関しては、「これから周囲の状況を見て検討する」と回答した人の割合が42.5%。


「既に電力の供給契約先を変更した」と回答した人の割合は、4.2%にとどまったことがわかりました。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/price_measures/



電力自由化って、料金等の比較もしにくいですし、誰のための制度なのかって思いますものね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する