自然災害損保契約照会制度

自然災害にあい、自宅などが流出したり、焼失してしまった場合、加入していたはずの損害保険会社との保険契約の手がかりも同時に失ってしまいます。

日本損害保険協会では、2014年7月1日から、「自然災害損保契約照会制度」を実施しています。

この制度は、災害救助法が適用された地域で、損害保険会社との保険契約に関する手掛かりを失った人からの契約照会に応じるもの。


照会は、日本損額保険協会内に設置した「自然災害損保契約照会センター」で受け付けています。
http://www.sonpo.or.jp/news/release/2016/1604_02.html

照会を受けると、センターから会員会社全社に連絡。


各社は契約の有無に関する調査を行います。

連絡先は

電話番号:0570-001830(ナビダイヤル:通話料有料)
* IP電話の場合は、 電話番号03-6836-1003(通話料有料)


受付時間:午前9時15分~午後5時(土・日・祝日および12月30日~1月4日を除く)


同様の制度は、生命保険協会にもあります
http://www.seiho.or.jp/data/billboard/search/



生命保険協会「災害地域生保契約照会センター」

フリーダイヤル 0120-001731
【受付時間】月~金曜日(祝日を除く)9:00~17:00


役立つ場面が増えるのは、あまり嬉しくないですが、覚えておくといいですね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する