1万円札、1.8億円枚増刷

平成28年度に印刷される1万円札の枚数が12億3千万枚になることが、財務省の計画で決まりました。
http://www.mof.go.jp/currency/bill/lot/2016ginnkoukennkeikaku.html


これは、前年度計画より17%多く、1億8千万枚(1兆8千億円)の増刷です。


1万円札の印刷枚数は平成23年度以降、年10億5千万枚で変わっていませんでしたが、世の中に出回る現金の総量が伸びているのに対応するためのようです。


特に1万円札の需要が増えているんだとか。


新聞の解説によれば、背景にあるのは、相続税やマイナス金利政策への不安が「タンス預金」に走る人を増やしているようです。


マイナンバー制度の開始を機に、資産の状況を知られたくないという人も、増えたかもしれませんね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する