不妊治療費用を保障する保険が解禁へ?!

金融庁が、不妊治療の費用を保障するための保険の解禁に向けて「保険業法施行規則の一部を改正する内閣府令(案)」を公表しています。
http://www.fsa.go.jp/news/26/hoken/20150218-2.html



不妊治療については、晩婚化や出産年齢の上昇などを背景に需要や関心が高まっています。


ところが、その治療については高額な費用がかかるにもかかわらず、健康保険の適用外です。


現在ある、国による不妊治療に必要な費用の一部を助成する制度は、今年4月から支援対象となる妻の年齢が43歳未満、通算助成回数も限定されるなど、縮小傾向です。


今回の保険業法施行規則の改定は、民間の保険会社に新規の不妊治療向け商品の開発を促そうというものです。


今後は、医療保険の特約などに不妊治療保険が登場しそうですね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する