絶対に入ってはいけない!「ぼったくりバー」

客引きに勧誘されて入った飲食店で、事前には想像もしていなかった高額な料金を請求される、いわゆる「ぼったくりバー」に関する相談が増えていると、国民生活センターが注意をよびかけています。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160317_2.html


相談内容では、さまざまな手口でお金をとられています。

「客引きに安いと言われて入店したら、高額な請求をされ現金( あるいはクレジットカード)で支払ってしまった」


「近くのAT Mに連れていかれて預金を下ろしたりキャッシングしたりして支払いを求められた。」などです。


いずれの事例でも、支払いを強く求められ、消費者が仕方なく支払ってしまうことがほとんどです。


また、「飲食店で眠ってしまい、後日クレジットカード支払いの請求が来た」と高額請求に後になって気付く事例も多くあります。



不慣れな繁華街や、既に酔った状態で繁華街を歩いているときに、客引きに勧誘され、消費者の興味を引くようなことを言葉に誘われて、そのままついていってしまうケースが増えています。


そんな場面が多い人は、要注意ですね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する