マイナス金利と補完当座預金制度

「補完当座預金制度」とは、日本銀行が民間の金融機関から受入れる当座預金のうち、「超過準備」(準備預金制度に基づく所要準備を超える金額)に利息をつける制度です。
https://www.boj.or.jp/mopo/measures/mkt_ope/oth_a/


もともと、民間の銀行は銀行間決済のためなどのために、日銀に当座預金を持っています。

また、預金者の求めに応じて払い戻しができないことがおきないように、預金残高の一定割合を日銀の当座預金に無利子で預けておくことが決められています。

これが、ニュースなどで耳にする「準備預金制度」です。

本当なら、一定割合を超えても利子はつきませんが、リーマンショック直後に金融市場の安定のために、必要な準備額を超える部分に0.1%の利子をつける制度ができ、それが「補完当座預金制度」です。


「量的、質的緩和政策」以後、日銀が民間銀行から大量に国債を買い続けているうちに、金融機関に支払った買い付け代金がこの金融機関の当座預金にどんどんたまってしまいました。


今回、導入されたマイナス金利は、今後は増加した部分にはマイナス0.1%の金利を適用しますよというものです。


準備預金部分は無利子、昨年1年間の平均残高から準備額を差し引いた部分には今まで通り0.1%の金利、今後増えた分はマイナス0.1%という感じです。


日銀の国債買い入れが続くかぎり、マイナス金利も続くってことかしらね



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する