電気契約にもクーリングオフ

「クーリング・オフ」とは、契約した後、頭を冷やして(Cooling Off)冷静に考え直す時間を消費者に与え、一定期間内であれば無条件で契約を解除することができる特別な制度のことをいいます。


一度契約が成立するとその契約に拘束され、お互いに契約を守るのが契約の原則ですが、この原則に例外を設けたのが「クーリング・オフ」制度です。


クーリングオフは訪問販売と電話勧誘などによる契約が対象で、消費者側は契約書面を受け取ってから8日間は無条件に解約できます。

自ら出かけて行ったお店で購入したり、インターネットを利用したりして結んだ契約には適用されません。


政府は、4月から電気の契約先を自由に選べる電力小売りの全面自由化が始まるのに合わせ、消費者が電気の契約でもーリングオフ制度を利用できるように「特定商取引法」の政令を改正しました。
http://www.emsc.meti.go.jp/info/faq/answer.html#q45


しつこい勧誘などにめげず、わが家に合った電気契約を選びましょうね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する