公的年金の受給資格期間10年はいつから?

公的年金を受け取るためには、原則25年以上の加入期間が必要です。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-01.html

1か月でも足りないと、年金を受け取ることはできません。

このため、老齢年金を受け取れない無年金者が推計で100万人を超えるともいわれています。


この無年金者を減らすために法律がつくられ、必要な加入期間が10年に短縮されました。



短縮が実施されるのは、平成27年10月からの予定でしたが、この短縮は消費税率が10%アップとセットになっていたため、来年4月まで延長されました。


ただ、加入期間10年分の老齢基礎年金は、年額で20万円程度です。


10年に足りてるからもうこれ以上保険料は支払わない、ではなく60歳までの納付義務期間は滞納しないようにしましょうね




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する