複利計算が理解できる高校生は3割!?

金融広報中央委員会「知るぽると」では、5年ごとに、小学生から高校生を対象にした金銭関連の調査「子どものくらしとお金に関する調査」を実施しています。

http://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/kodomo/


現在、結果がわかっている最新の調査(平成22年)を見ると、「100 円についた 2 円の利子を含めてそのまま年利 2%で 5 年間預け続けると、10円を超える利子がつく」に○と正解した中学生は、29.3%。

高校生でも33.9%と3割程度でした。


「100 円を年利 2%で 1 年間預けると、2 円の利子がつく」という単利の理解でも、中学生36.5%、高校生45.7%の正解率。


計算ができる、できないという以前に、金利というものがわかっていないのかもしれませんね。


それじゃ、大人になれば理解できるのか・・・っていうと、FP森の感触でいうと高校とどっこいどっこいかも


平成27年分の調査が、現在行われているようですが、結果が楽しみのような、怖いような・・・



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する