個人型確定拠出年金

確定拠出年金は、政府が運営する国民年金や厚生年金に上乗せする企業年金の一種です。

最大のメリットは、掛け金の全額を所得から差し引けるうえ、運用で得た利益は非課税になるところです


確定拠出年金には、個人が自ら加入する「個人型」と、企業単位で加入する「企業型」があります。

掛け金の運用成績しだいで、将来受け取る年金が変わる点は同じ。


運用商品も、加入者自らが選ぶ仕組みです。



政府が検討している制度改正が実現すると、現在は加入対象となっていない公務員や専業主婦も「個人型」確定拠出年金に加入できるようになります。



誰でもできる、自分年金作りの仕組みが整うというわけですね。


ただ、個人型確定拠出年金は、企業型と違って自分で運用管理を任せる金融機関を探さなければならず、また、掛け金や運用商品も自分で決めなければなりません。


手数料も金融機関によってかなり異なるため、なかなか踏ん切りがつかない人も出てきそうです。


手数料などの情報は、確定拠出年年金ナビなどのサイトも役に立ちます
http://www.dcnenkin.jp/


公的年金は、減ることはあっても増えることは当分なさそうなので、政府の用意した制度も上手に利用することも大切ですね







このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する