奨学金返還額もマイナンバーを利用!?

文部科学省では、奨学金の返済方法について、マイナンバー制度を利用して卒業後の年収を把握。

年収に応じて年間の返済額を変える「所得連動返済型奨学金」という、新しい制度を導入する検討にはいりました。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/057/attach/1345933.htm



日本学生支援機構の奨学金制度を利用した場合、卒業と同時に返還が始まるのが原則。

でも、卒業と同時に正規雇用に就けるとは限らない現状から、2012(平成24)年度から年収300万円になるまで返還期限を猶予する「所得連動型」の制度が導入されています。


ただ、大学を卒業した人の3割が300万円を下回っているという調査もあり、返済はなかなか進んでいません。


そこで、登場したのがマイナンバーを使って、借りた人の年収を把握する方法。


年収の増減に応じて、返還額も変動するようにする制度にするようです。


返済負担を恐れずに、安心して利用できる奨学金制度は必要です。


でも、がっちり年収を把握された上で返済するのも気持ち悪いなあ・・・・としり込みする人もいるんじゃないかしらね

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する