生活再建支援金、最大で300万円

集中豪雨で川が氾濫し、住宅が押し流されていく映像を、TV等で固唾をのんで見守った方も多かったと思います。


大規模な災害で家が破損したり、焼失したりした場合、まず確認しておきたいのが、公的支援の利用です。

被災住宅への金銭的支援を定めた法律が「被災者生活再建支援法」です。
http://www.bousai.go.jp/taisaku/seikatsusaiken/shiensya.html


現行制度で、最大300万円の支援金を受け取ることができます。


支援金を受けるには、自治体から、災害による被害を証明する「罹災証明書」の交付を受ける必要があります。


交付は、じっと待っていてもダメで、原則世帯主が自治体に申請する必要があります。


300万円は、決して小さな金額ではありませんが、生活再建を果たすには足りないともいえます。


公的支援の中身と申請方法をチェックした上で、私的保険でどう乗り切りるか考えることが必要になりますね



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する