火災保険料値上げへ

損害保険各社が10月から、火災保険の保険料を改定します。


家庭向けが全国平均で2~4%の引き上げ。

企業向けも1~2%程度上がります。


改定幅は地域によって異なるようで、台風被害が増えている九州・沖縄では、最大5割の引き上げ幅になりそうです。


火災保険は、住宅や店舗などの建物が対象で、火災以外にも風災や雪災、洪水、土砂崩れによる水災などによる建物の被害を補償する保険です。

近年は、大型台風の度重なる上陸、豪雨や都市部の大雪などの異常気象による建物被害が増加傾向にあり、長期契約での収支予測が難しくなったため、現在は最長で36年の保険契約を、来年10月以降は最長10年に変更する予定です。


ただ、保険会社によっては、新築住宅や築浅の住宅については割引制度を充実させるなどの対応をとるところも出てきそうです。


わが家の災害リスクとコストを、十分に吟味して商品を選ぶことが重要になりますね




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する