マイナンバーは職場で交付

日本に住んでいる全ての人に割り振る、社会保障と税の共通番号(マイナンバー)の交付の方法が決まったようです。


来年1月から運用が始まるマイナンバー制度。
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html

政府はこれまで、今年10月から各市町村が住民に番号とカードを受け取るための申請書を配布。

住民は、来年1月から市町村の窓口でカードを受け取ることになっていました。


政府は全ての人にカードを確実に配布するため、企業や学校など職場で配布できる団体に限り、個人が職場でカードを受け取れるようにすることにしました。


10月に個人宛てに届いた申請書を企業が集めたうえで一括申請。

職場がある市町村の職員が会社に出向いて本人確認をしたうえで従業員に配布します。


社員のマイナンバーの情報を基に、納税処理をする企業側にとっても、従業員のカード情報を簡単に集められるのがメリット。


扶養家族などのカードも一括して申請するかは、企業の判断になります。


企業の場合、何に使うかを明示した上で、社員から番号を収集するのが本当の姿。


そうやって、番号の取り扱いが曖昧になっていかないといいですね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する