火災共済と地震保険

地震保険は、地震等によって発生した損害を補償する保険で、法律に基づき、政府と民間の損害保険会社が一体となって運営している、非常に公共性の強い保険です。
http://www.mof.go.jp/financial_system/earthquake_insurance/jisin.htm


官民一体の保険のため、損害保険会社が扱っている地震保険の補償内容は、どこも同じになっています。

単独では加入できず、保険金額は火災保険の30~50%(任意で設定)で、最大でも建物5000万円、家財1000万円です。

ところが、どこで加入しても同じとだけ思っていると、実は違うことがあります。


地震保険は、損害保険会社保険でのみ取り扱っている商品なので、各生活協同組合が運営している火災共済には地震保険はセットすることはできません。


ただし、火災共済にも、それぞれに独自の地震保障が用意されています。


各共済独自の地震保険なので、補償内容もそれぞれ異なります(当然掛け金も違います)。

全労災⇒http://www.zenrosai.coop/kyousai/kasai/hoshou.html

都道府県民共済⇒http://www.kyosai-cc.or.jp/mutual/product/fire.html

JA共済⇒http://www.ja-kyosai.or.jp/okangae/product/home/



保険料(掛け金)でのみ比較しがちですが、どんなときでも補償内容も吟味してわが家に必要な補償になっているか、チェックすることが大切ですね





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する