住宅ローンの返済が苦しくなったときに「再起支援借り上げ制度」

収入減などで住宅ローンの返済が苦しくなっってしまった。


こんなときは、家を手放したり、金融機関に住宅ローンの返済延長の相談をするのが一般的です。


今日ご紹介するのは、事情が改善するまでのあいだ家を貸して、これまでどおりに返済を続けていく方法。


社団法人「移住・住みかえ支援機構」がはじめた「再起支援借り上げ制度」です。
https://www.jt-i.jp/lease/comeback/index.html


借り上げたマイホームは3年の定期借家契約で転貸するので、状況が改善したら3年後には家に戻ることができます。

両親の家などに転居した上で、マイホームを一時的に賃貸し、賃料収入をローン返済に充てることも可能です。


住宅ローンの返済ができるようになれば、契約終了時には確実に家に戻ることができ、加えて、空き家でも一定の家賃が保証されます。


生活の立て直しができるまで住宅を貸し、その期間は実家など家賃がかからない住まいを確保できれば、家を手放さずにすむかもしれませんね。


ただし、ネックは現在この制度を使うことができるのは、住宅金支援機構(もしくは旧住宅金融公庫)の住宅ローンを利用している人に限られます。


民間の金融機関でも、利用できるようになるといいですね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する