企業が運用する第3の企業年金創設?

厚生労働省は2016年度にも企業が運用し、運用次第で加入者への年金給付額が変わる、新しい企業年金制度を創設する方針です。


現在ある、企業が運用し年金給付が確定している「確定給付型」と、企業は拠出だけで運用は加入者が行う「確定拠出型」の2つの企業年金の性格を併せ持つ、第3の企業年です。


特徴となるのが、確定給付型のように運用は企業が行うが、年金額は運用しだいで確定拠出型のように変動するというところ。

2つの企業年金の中間のような位置づけです。


企業は掛け金を現在より多く拠出、企業が加入者全員の資金をまとめて運用します。


運用が悪くても、企業は追加の拠出をする必要はなく、給付額の変動リスクは加給者が負います。



誰が責任もって運用してくれるかわかりませんが、エフピー森なら運用の変動リスクは自分で負いたいですね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する