2015年のがん罹患予測  罹患数98万例、死亡数37万人

国立研究開発法人 国立がん研究センターは、今年2015年に新たにがんと診断される数を示す罹患数と死亡数の予測を算出し、がん情報の総合サイト「がん情報サービス」に公開しています。
http://ganjoho.jp/public/statistics/pub/short_pred.html



予測がん罹患数は、982,100例(男性560,300例、女性421,800例)で、2014年予測値より約10万例増加、実測値に近い2011年推計から約13万例増加。

大腸、肺、胃、前立腺、乳房の順に罹患数が多い。


がん死亡数予測は370,900人(男性219,200人、女性151,700人)で、2014年の予測値と比べると約4千人増、実測値である2013年人口動態統計から約5千人増


肺、大腸、胃、膵臓、肝臓の順に死亡数が多い。


罹患数の増加は、がん登録精度の向上が考えられるとのこと。


2016年1月から、日本でがんと診断されたすべての人のデータを、国で1つにまとめて集計・分析・管理する新しい仕組み「全国がん登録」がはじまります。


国や都道府県でがん検診が効果的に実施されているかどうかを知る手がかりにしたり、治りやすさの目安にもなるため、医師と患者が治療方針を考える上で重要な情報の1つになるようです。


個人情報の扱いが気になるところですが、がんになる人を減らしたり、がんから治る人を増やしたり、あるいはがんになっても長生きして苦痛の少ない生活がおくれるために役立つといいですね。
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する