離婚時の年金分割で受け取れる年金は?

離婚する際、夫婦の年金を分割できる制度が、「離婚時の厚生年金の年金分割」です。


ただ、言葉は知っていても内容はよく知らない、あるいは誤解している人も多いのが現実。


たとえば、夫の年金のすべてが分割対象となるのではなく、実際に分割するのは夫が会社員なら厚生年金のみで(公務員なら共済年金)、国民年金や企業年金は対象外。

ずっと自営業だった人は、分割する年金がありません。


また、対象期間も2人が結婚してから離婚するまで。


専業主婦が求めれば、夫婦の合意がなくとも夫の厚生年金(共済年金)の半分が受け取れる「3号分割」という制度もありますが、適用されるのは制度ができた2008年4月から離婚するまでの期間です。

それ以前から結婚していが場合は、合意分割制度に基づいて話し合いできめることになります。


さらに、年金分割は遺族年金ではないので、自分が再婚しても消えることはなく、逆に元夫が亡くなっても遺族年金はもらえません。

なんだかややこしいですね


くわしくはこちらをどうぞ⇒http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3241
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する