売電収入も年収に加算(フラット35)

住宅金融支援機構と民間金融機関がコラボする長期固定金利の住宅ローン「フラット35」。

今年の4月から、太陽光発電で発電した電気を売却した分を収入とみなしてくれる制度がはじまりました。
http://www.flat35.com/loan/flat35/solar.html


ただし、売電収入全額ではなく、住宅金融支援機構が定めている売電収入上限額×0.7まで。


たとえば、10KWの太陽光発電設備を搭載した住宅の場合で、売電収入の上限額は302,000円なので、

302,000×0.7=211,400円。

つまり、年収に約21万円プラスして借入金額の計算がされます。


年収500万円の人の場合だと、返済期間35年・金利1.47%で借り入れできる金額は4,785万円。


年収500万円に売電収入額21万円をプラスして年収を521万円で計算すると4,986万円の借り入れができる計算です。


年収500万円の人が、5000万円近いお金を借りることがいいことなのかどうかは、よく考えないといけませんけどね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する