数字で見るNISA

2014年1月から始まったNISA(少額投資非課税制度)。

金融庁では、「NISA口座の利用状況に関する調査」をおこない結果を公表しています。
http://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20150610-1.html


6月に公表した今年3月末現在の調査結果によると、口座の総数は879万1,741件。


そのうち、60代が236万2,554口座で、全体の 26.9%。


70代が182万7,909口座で、全体の 20.8%を占めています。


100万円の投資枠を目一杯利用するからでしょうか、買い付け額の合計4兆4,109億8,051万のうち、60代が31.4% 、70代が23.1% と半分以上を占めています。


商品の比率を見てみると、上場株式が1兆3,983億7,632万円で、全体の31.7%。

投資信託が一番多くて、2兆9,154億358万円と、全体の66.1%を占めています。


来年1月から口座開設ができる予定の「ジュニアNISA」。


おじいちゃん、おばあちゃんが持っていいるこの資金を、うまいこと若い世代に移転させたいって考えるのも無理ないってことかしらね





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する