未上場株式をネットで募集

クラウドファンディング(CrowdFunding)とは、製品・サービスの開発、もしくはアイデアの実現などの目的のために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の出資や協力を募ることをいいます。


個々の人が提供する資金は少額でも、賛同者が多ければ全体としては大規模な資金を集めることができるというものです。

新しい資金調達の方法として注目が集まっています。


金融庁は、今月下旬から証券会社がベンチャー企業などの未上場の株式への投資をネットを通じて募ることを解禁すると発表しています。


こちら⇒http://www.fsa.go.jp/news/26/syouken/20150213-3.html


投資家の多額の損失を防ぐため、1人の投資家が1つの企業に投資できる額は年間50万円以下で、企業が集めることができる金額も、1年間に1億円未満と制限しています。


それでも、未上場の企業でも1億円を上限にネット上で公募増資ができるようになります。


少額で、気軽に投資家の仲間入りはできるかもしれませんが、株式を売買できる場がないのはリスクと言えますね

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する