配偶者控除が見直しが現実に

何度となく浮上しながら、そのたびに先送りされていた「配偶者控除」の見直しが、現実味を帯びてきました。


配偶者控除は、妻の年収が103万円以下なら夫の課税所得から38万円の控除が受けられるというもの。

「103万円の壁」などと呼ばれ、結婚している女性が働く際にそれ以上年収が増えないように調整する限度額の象徴として扱われてきました。


その配偶者控除を廃止した上で、妻の年収に関係なく夫婦の所得から一定額の控除を認める「夫婦控除」を創設する案が有力のようです。

早ければ2017年にも導入される見通しです。


実際には、103万円を超えないように調整する人は減ってきていて、むしろ社会保険料上の扶養からはずれるか、はずれないかの限度額である130万円が、働く意欲の壁になっているように感じます。


ということは、社会保険料の支払いについても、そのうち改正がおこなわれそうですね。


子どもも産まなきゃならいし、専業主婦という選択肢はなくなるみたいだし、家事の負担は減らないし・・・それなら結婚しなくてもいいやって女性が、増えないかしらね





このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する