厚労省の公的年金マンガに批判続出!?

厚生労働省がホームページ上で公開している公的年金の制度や現状を解説するマンガ、「いっしょに検証公的年金」の内容が、批判を浴びているようです。


全11話86ページの大作。


昨年5月に公開されました。


50代の両親と10~30代の兄妹の家族が、年金にまつわる疑問や不安を口にすると、制度に詳しい「年金子」(←とし・かねこ)が突如登場。疑問に答えて解説するといった内容です。


今年にはいって、ツイッターなどで紹介され一気にアクセス数が増加。

給付額の世代間格差に言及する11話で、「あんたが結婚してたくさん子どもを産めばいいのよ」と公務員の姉が妹にけしかける場面など、女性をなんだと思ってるのといった批判を浴びています。



年金制度や年金財政について理解してもらいたい、という意図はよ~くわかるのですが、どこかずれた感があるのは、お役所だからなんでしょうか


興味のあるかたはこちらからどうぞ⇒http://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/


このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する