保険証や運転免許証を紛失したとき

健康保険証や運転免許証を入れていた財布を紛失してしまった。


もし、誰かに悪用され、サラ金で借り入れされたり、クレジットで買い物されたら・・・と思うと心配ですね。


実際、健康保険証や運転免許証を身分証明書として利用する消費者金融や信販会社も少なくありません。


被害を防ぐためには早急な対応が必要です。


紛失した場合や盗難にあった場合には、まずは最寄りの警察署と発行元にすぐに届け出ること。


もし、サラ金や信販会社から身に覚えのない請求があった場合でも、警察に速やかに相談しましょう。


心配な場合は、個人信用情報機関が設けている「本人申告制度」 を利用することもできます。


本人申告制度とは、身分証明書の紛失や盗難に遭ったことなどの情報を個人信用情報機関に登録することで、当該機関の加盟会社(信販会社、消費者金融、銀行など)が与信審査をより慎重に行うことができるようにする制度です。


代表的な個人信用情報機関には、「株式会社 シー・アイ・シー(クレジット系)」「全国銀行個人信用情報センター(銀行系)」「 株式会社 日本信用情報機構(消費者金融系)」があります。


本人申告には手数料が必要ですが、万一を考えたら知っておくといい制度ですよね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する