全国がん登録

「全国がん登録」とは、日本でがんと診断されたすべての人のデータを、国で1つにまとめて集計・分析・管理する仕組みです。

この制度は、2016年1月から始まります。


「全国がん登録」制度がスタートすると、全国どこの医療機関で診断を受けても、がんと診断された人のデータは都道府県に設置された「がん登録室」を通じて集められ、国のデータベースで一元管理されるようになります。



全国から収集したデータは国のデータベースにまとめられ、統計の専門家によって分析が行われます。


分析によって得られた情報は、国立がん研究センターがん対策情報センターのウェブサイト「がん情報サービス」で随時公開され、誰でも閲覧ができる予定です。



集められた情報は、がん検診や治療の体制づくり、がん研究などに役立てられます。


プライベートでデリケートな情報なので、流出には十分に気をつけてもらいたいですね
このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する