1年不使用なら「空き家」!?

国土交通、総務両省は、地方自治体向けの空き家対策指針案をまとめました。


目安は1年。

建物が1年間を通して使用されていないことが、判定の目安になるようです。

人が住まなくなった空き家は、全国で800万戸を超え、特に老朽化した空き家は、倒壊の危険、火災や犯罪の温床になりやすいなどの問題が指摘されてきました。


空き家対策の推進を盛り込んだ特別措置法が、昨年11月に成立しましたが、空き家と判定するための基準が盛り込まれていなかったため、今回の指針となったようです。


人の出入りや電気、ガス、水道の使用状況などが建物が使われていない基準となります。


処分に悩む所有者からの相談、また近隣住民の苦情にこたえられる仕組みを整えることも提案しています。


エフピー森の住む横浜市でさえ、人が住まなくなったままの家があちこちにあります。


そろそろ新築住宅偏重を見直す時期かもしれませんね




このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する